「エンジニアリング組織論への招待」第9回(5/22)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.124 – 137

Chapter 2 メンタリングの技術

  • 2-4. 内心でなく行動に注目する
    • なぜ行動を起こせないのか?
    • ゴールへのタイムマシンに乗る

Chapter 3 アジャイルなチームの原理

  • 3-1. アジャイルはチームをメンタリングする技術
    • p.131 l.3
      …開発フロートと→開発フローと?(衍字)

    • 日本と世界のアジャイル開発普及率
    • 日本国内ではアジャイル実践者の数が圧倒的に少ない
    • アジャイル開発が必要とされた2つの理由
    • アジャイル開発は3倍の成功率、1/3の失敗率
    • プロジェクトマネジメントとプロダクトマネジメント(「ソフトウェア開発の前提が変化した」の手前まで)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA