「マイクロサービスアーキテクチャ」第18回(2/14)

Posted on by 1 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.212-225

9章 セキュリティ

  • 9.3 格納データの保護
    • 9.3.2 鍵がすべて
    • 9.3.3 対象を選ぶ
    • 9.3.4 必要に応じた復号
    • 9.3.5 バックアップの暗号化
  • 9.4 徹底的な防御
    • 9.4.1 ファイアウォール
      • 「ModSecurityは、特定のIP範囲からの切断をスロットルし」の意味がよくわからない。「throttle」は「絞る。抑える。」などの意味があるので、「特定のIP範囲からのアクセスの切断を抑えながら」と捉えればよいのか?
    • 9.4.2 ロギング
      • p.214 下から4行目 何か悪いことが起きたどうかを(脱字)
    • 9.4.3 侵入検知(および侵入防止)システム
    • 9.4.4 ネットワーク分離
    • 9.4.5 OS
  • 9.5 実施例
  • 9.6 節約する
  • 9.7 人的要素
  • 9.8 黄金律
  • 9.9 セキュリティの組み込み
  • 9.10 外部検証
  • 9.11 まとめ

10章 コンウェイの法則とシステム設計

  • 10.1 証拠
    • 10.1.1 疎結合組織と密結合組織
    • 10.1.2 Windows Vista
  • 10.2 NetflixとAmazon
  • 10.3 この法則で何ができるか

One comment on “「マイクロサービスアーキテクチャ」第18回(2/14)

  1. 9.4.1
    原文は、
    `ModSecurity, for example, is a type of application firewall that can help throttle connections from certain IP ranges and detect other sorts of malicious attacks.’
    なので、
    「特定のIP範囲からの接続を抑制し、」でしょう。〝接続”を〝切断”とミスタイプした?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA