「マイクロサービスアーキテクチャ」第9回(1/13)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田(記)
範囲 pp.96 – 111

5章 モノリスの分割

  • 5.3 モノリスを分割する理由
    • 5.3.1 変化の速度
    • 5.3.2 チーム構成
    • 5.3.3 セキュリティ
    • 5.3.4 技術
  • 5.4 入り組んだ依存関係
  • 5.5 データベース
  • 5.6 問題の対処
  • 5.7 例:外部キー関係の削除
  • 5.8 例:共有静的データ
    • 第2の選択肢だと、DBを直接見る場合は国コードの対応がわからず、コードに含まれる国コードの知識が必要になる。
  • 5.9 例:共有データ
  • 5.10 例:共有テーブル
  • 5.11 データベースリファクタリング
    • 5.11.1 段階的な分割
  • 5.12 トランザクション境界
    • 5.12.1 後でリトライ
    • 5.12.2 操作全体の中止
    • 5.12.3 分散トランザクション
      • p.108 l.8
        一貫性維持を→一貫性維持を、のほうが自然では。
    • 5.12.4 何をすべきか
  • 5.13 レポート
    • p.110 l.1
      他のユーザと同様にユーザで、私たちは…と読点を入れたほうが意味がとりやすいのでは。
  • 5.14 レポートデータベース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA