「SPINモデル検査」第22回(7月26日)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井、青木(記)
範囲 pp. 217 – 224

第10章 ケーススタディ(5) デザイン検証の実際を知る — 分散コンポーネントの振舞い検証

  • 10.2 システム記述と検査性質
    • 10.2.2 性質の表現と検査の方法
    • 21.2.3 振舞い検査
  • 10.3 まとめ
    • 10.3.1 事例に関する経験のまとめ
      p.222 最下行 誤植 誤:「満たされない可能が」、正:「満たされない可能性が」
    • 10.3.2 モデル検査法の役割

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA