Monthly Archives: 1月 2019

「エンジニアの知的生産術」第17回(1/17)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.169-187

第5章 考えをまとめるには

  • 多すぎる情報をどうまとめるか
    • 束ねたふせんをまた広げる
    • 文章化してアウトプット
  • 社会人向けチューニング
    • ステップの省略
    • 中断可能な設計
    • A4書類の整理法
  • 繰り返していくことが大事
    • KJ法を繰り返す
    • 繰り返しのトリガ
    • インクリメンタルな改善
    • 過去の出力を再度グループ編成
    • 電子化
  • まとめ

第6章 アイデアを思い付くには

  • 「アイデアを思い付く」はあいまいで大きなタスク
    • アイデアを思い付く3つのフェーズ
    • 先人の発想法

「エンジニアの知的生産術」第11回(1/8)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田(記)
pp.153 – 168

第5章 考えをまとめるには

  • 多すぎる情報をどうまとめるか
    • 関係のありそうなものを近くに移動
      • KJ法の流れ
    • グループ編成には発想の転換が必要
      • グループ編成は客観的ではない
      • グループ編成は階層的分類ではない
      • 既存の分類基準を使うデメリット
    • Column  フレームワークによる効率化
      • 事前に分類基準を作るデメリット
      • 分類で負担を減らすメリット
    • 関係とは何だろう
      • 類似だけが関係ではない
      • NM法は対立関係に着目する
      • 話題がつながる関係
    • 束ねて表札を付け、圧縮していく
      • p.162 最後の文
        …貼ることできる…、では?(脱字)
      • 表札作りのメリット・デメリット
      • 表札を作れるグループが良いグループ
      • ふせんが膨大なときの表札作り
      • 「考えがまとまらない」と「部屋が片付かない」は似ている
    • Column  表札とふせんの色
    • Column  知識の整合性