Monthly Archives: 7月 2016

「シングルページWebアプリケーション」第22回(7/29)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)

範囲 pp.196-206

5章 モデルの構築

  • 5.4 peopleオブジェクトを構築する
    • 5.4.3 peopleオブジェクトを仕上げる
      • 5.4.3.2 フェイクモジュールを更新する
        • p.197 例5-16
          ②と③の説明が逆になっている。
        • p.198 コード中ほど
          callback_map.userupdate()の引数配列とオブジェクトの閉じカッコ }] が逆 ]} になっている。またところどころ太字になっていないところがある。
    • 5.4.4 peopleオブジェクトAPIをテストする
      • p.200 2行目
        c0だけ、ダブルクォート付きで表示されている。
  • 5.5 シェルでサインインとサインアウトを可能にする
    • 5.5.1 サインインのユーザエクスペリエンスを設計する
    • 5.5.2 シェルJavaScriptを更新する
    • 5.5.3 シェルスタイルシートを更新する
      • p.205 例15-9
        font: の 800 22px/22px の意味は?
        800: font-weight: bold, bolder, lighterだけでなく、100~900で100単位で指定もできる。
        22px/22px: font-size/line-height

「シングルページWebアプリケーション」第21回(7/26)

Posted on by 0 comment

参加者 今井、青木(記)
範囲 pp.185 – 196

5章 モデルの構築

  • 5.4 peopleオブジェクトを構築する
    • p.185 例5-11のコードでオブジェクトキーがクォートで囲まれていたり、いなかったりするのが少し気になる。
    • 5.4.1 偽のユーザリストを作成する
    • 5.4.2 people オブジェクトを開始する
    • 5.4.3 peopleオブジェクトを仕上げる
      • 5.4.3.1 モデルを更新する

「シングルページWebアプリケーション」第20回(7/22)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.179 – 185

5章 モデルの構築

  • 5.3 peopleオブジェクトを設計する
    • 5.3.2 poepleオブジェクトAPIを設計する
      • 5.3.2.1 peopleメソッド呼び出しを設計する
      • 5.3.2.2 peopleイベントを設計する
        • 図5-6
          JavaScriptでイベントが伝播するイメージとはちょっと違う図な感じがする。
    • 5.3.3 peopleオブジェクトAPIを文書化する
  • 5.4 peopleオブジェクトを構築する

「シングルページWebアプリケーション」第19回(7/19)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)

範囲 pp.164-179

5章 モデルの構築

  • 5.1 モデルを理解する
    • 5.1.1 何を構築していくか
    • 5.1.2 モデルが実行すること
    • 5.1.3 モデルが実行しないこと
  • 5.2 モデルとその他のファイルを用意する
    • 5.2.1 ファイル構造を考える
    • 5.2.2 ファイルの中身を作成する
    • 5.2.3 統一されたタッチマウスライブラリ
  • 5.3 peopleオブジェクトを設計する
    • 5.3.1 personオブジェクトを設計する
      • p.177 表5-1
        タイトルに「UMLクラス図」とあって表が示されているのは違和感がある。

「シングルページWebアプリケーション」第18回(7/15)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.150 – 164

4章 機能モジュールの追加

  • 4.4 機能APIを実装する
    • 4.4.3 シェルを整理する(p.150 コード —- コールバック開始 —- から)
    • 4.4.4 実行をたどる
  • 4.5 頻繁に必要となるメソッドを追加する
    • 4.5.1 removeSliderメソッド
    • 4.5.2 handleResizeメソッド
  • 4.6 まとめ

5章 モデルの構築

  • 5.1 モデルを理解する

「シングルページWebアプリケーション」第17回(7/12)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井(記)

範囲 pp.142-150

4章 機能モジュールの追加

  • 4.4 機能APIを実装する
    • 4.4.2 チャットを変更する(p.142 コード⑦から)
      • p.144 onClickToggleの最後あたり
        • このreturnは改行してから書いて欲しい。else ifにかかっているように見える。
        • else ifの閉じ括弧のインデントがずれている。この書籍ではインデントずれがいっぱいある。
      • p.144 spa.chat.configModule()
        ドキュメントコメント内に書かれている引数と、コードで書かれている引数が違う。
        → コードの引数input_mapにドキュメントコメントの引数が要素として入っているということだろう。以前にもこの書き方があったがわかりにくい。
    • 4.4.3 シェルを整理する(p.150 コード —- イベントハンドラ終了 —- まで)

「シングルページWebアプリケーション」第16回(7/8)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.130 – 142

4章 機能モジュールの追加

  • 4.3 メソッドAPIを設計する
    • 4.3.4 チャットsetSliderPosition API
    • 4.3.5 構成と初期化の流れ
  • 4.4 機能APIを実装する
    • 4.4.1 スタイルシート
    • 4.4.2 チャットを変更する(p.142 コードの丸7の前まで)

「シングルページWebアプリケーション」第15回(7/5)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.122 – 130

4章 機能モジュールの追加

  • 4.2 機能モジュールファイルを用意する
    • 4.2.2 ファイルの中身を作成する(例4-6の手前の段落~)
      • p.123
        setConfigMapの引数とコメントが一致していない
      • p.125
        丸数字4はJavaScriptではなくスタイルシートでは?
      • 例4-7
        本文にはルート、主要ユーティリティ、モデル、ブラウザユーティリティ、シェル、機能モジュール、とあるが、ソースと不一致。
        ソースのブラウザモデルが本文のモデル?
        例ではブラウザユーティリティはない?
    • 4.2.3 作成したもの
  • 4.3 メソッドAPIを設計する
    • 4.3.1 アンカーインタフェースパターン
    • 4.3.2 チャット構成API
      • 例4-9
        引数slider_*構成の説明が-で区切られておらずわかりづらい
    • 4.3.3 チャット初期化API
      • 例4-11
        このメソッドの引数のような場合、一般的には、idを渡すのとjQueryオブジェクトを渡すのとどちらがよいのだろうか。

「シングルページWebアプリケーション」第14回(7/1)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木(記)
範囲 pp.108-122

3章 シェルの開発

  • 3.6 アプリケーション状態を管理する
    • 3.6.4 アンカーを使ってアプリケーション状態を表す
      • 3.6.4.3 アンカーの変更でアプリケーション状態を運ぶ方法を理解する
  • 3.7 まとめ

4章 機能モジュールの追加

  • 4.1 機能モジュール方式
    • 4.1.1 サードパーティモジュールとの比較
    • 4.1.2 機能モジュールとフラクタルMVCパターン
  • 4.2 機能モジュールファイルを用意する
    • 4.1.2 ファイル構造を設計する
    • 4.2.2 ファイルの中身を作成する(p.122 本文「例4-6に示すように、」の前まで)