Monthly Archives: 1月 2016

「Clean Coder」第14回(1/22)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.188 – 195

付録A ツール

  • IDEやエディタ
    • EclipseとIntelliJ
    • TextMate
  • 課題管理
    • バグのカウント
  • 継続的ビルド
  • ユニットテストツール
  • コンポーネントテストツール
  • インテグレーションテストツール
  • UML/MDA
    • 詳細
    • 望みがなければ変化もない
  • 結論
Category: Clean Coder

「Clean Coder」第13回(1/19)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)

範囲 pp.175-188

第14章 指導・徒弟制度・職人気質

  • 指導
    • 型破りな指導
      • p.176 l.7
        BALって何だろう。→ おそらくbasic assembler language
    • 苦境
  • 徒弟制度
    • ソフトウェアの徒弟制度
      • p.178
        ここにある、マスター、ジャーニーマン、アプレンティス/インターンという階級の説明は、「ソフトウェア職人気質」という本にも出ていたような気がする。
    • 現実
  • 職人気質
    • 人を説得する
  • 結論

付録A ツール

  • p.181 l.4
    当時の装置がわからないので、「テープは無限ループしていた」のに「巻き戻す」必要があるのがわかない。
  • ツール
  • ソースコード管理
    • 「エンタープライズ」ソース管理システム
    • 「悲観的ロック」対「楽観的ロック」
    • CVSとSVN
  • IDEやエディタ
    • vi
    • Emacs
Category: Clean Coder

「Clean Coder」第12回(1/15)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.160 – 175

第12章 協力

  • 「プログラマ」対「ピープル」
    • 「プログラマ」対「雇用主」
    • 「プログラマ」対「プログラマ」
    • p.163 供紙装置給紙装置 ?
  • 小脳
  • 結論
    • p.166 T3回線:ANSIの定めた規格で、通信速度は44.73Mbps。

第13章 チームとプロジェクト

  • 混ぜる?
    • ゲル状のチーム
    • でも、どうやって管理するの?
    • プロジェクトオーナーのジレンマ
  • 結論
  • 参考文献

第14章 指導・徒弟制度・職人気質

  • 学位の不全
  • 指導
    • はじめてのコンピュータはDigi-Comp I
    • 高校時代のECP-18

 

Category: Clean Coder

「Clean Coder」第11回(1/12)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.148 – 160

第10章 見積もり

  • 作業を見積もる
    • 広域デルファイ法
  • 大数の法則
  • 結論
  • 参考文献

第11章 プレッシャー

  • プレッシャーから逃れる
    • コミットメント
    • クリーンでいる
    • 緊急時の規律
  • プレッシャーを乗り越える
    • 慌てない
    • コミュニケーション
    • 規律を信頼する
    • 助けを呼ぶ
  • 結論

第12章 協力

Category: Clean Coder

「Clean Coder」第10回(1/8)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)

範囲 pp.135-148

第9章 時間管理

  • 集中力とマナ
    • 睡眠
    • カフェイン
    • 充電
    • 筋肉の集中力
    • インプット対アウトプット
  • タイムボックスとトマト
  • 回避
    • 優先順位の逆転
  • 袋小路
  • 沼・沼・沼
  • 結論

第10章 見積もり

  • 見積もりとは何か?
    • コミットメント
    • 見積もり
    • 暗黙のコミットメント
  • PERT
    • p.147あたり
      • 普段、Σ標準値 × 危険度 で見積もっていた。PERTはPERT図しかしらないが、ここに書かれている方法を勉強してみたい。
      • 標準値などもとの作業日数がどれくらい正確に出せるかが問題。
        → この後の節に少し書かれているようです。
Category: Clean Coder