Monthly Archives: 9月 2013

「インタフェースデザインの実践教室」第9回 (9/27)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、青木、沼田(記)
範囲 pp.121 – 140

II部 デザイン

13章 ナチュラルUI

  • 13.1 魔法のジェスチャーを使わない
  • 13.2 ジェスチャーの認識
    • p.123 最後の段落の最初の行
      「受理」した瞬間をに伝える(衍字?目的語が抜けている?)
  • 13.3 偶発的な入力
  • 13.4 取り消し機能

14章 フィッツの法則

  • 14.1 画面の端には無限の幅がある
  • 14.2 パイ型のコンテキストメニュー
  • 14.3 小さい対象物同士は隙間を空けて配置する
  • 14.4 対象物は小さいほうがよいこともある

15章 アニメーション

  • 15.1 画面が切り替わったことを知らせる
  • 15.2 注意を促す

「インタフェースデザインの実践教室」第8回 (9/24)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井、青木(記)

範囲 pp.104 – 121

11章 ペーパープロトタイプテスト

  • 11.2 ペーパープロトタイプによるフルユーザビリティテスト
    • 11.2.4 テスターの準備
    • 11.2.5 テストの実施
    • 11.2.6 結果の分析
    • 11.2.7 テスト終了のタイミング

12章 リアリズム

  • 12.1 シンボル
  • 12.2 実物のバーチャル版
  • 12.3 物理的な制約の再現

13章 ナチュラルUI

 

「インタフェースデザインの実践教室」第7回 (9/20)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、沼田(記)
範囲 pp.88 – 103

II部 デザイン
10章 スケッチとプロトタイプ

  • 10.6 モックアップ
  • 10.7 ツール
    • p.92 最後の行
      さまざま方法(脱字)

11章 ペーパープロトタイプテスト

  • 11.1 ペーパープロトタイプによるゲリラテスト
    • p.93 概要の最後の行
      はを読み飛ばしても(衍字)
  • 11.2 ペーパープロトタイプによるフルユーザビリティテスト
    • 11.2.1 タスクの選定
    • 11.2.2 ペーパープロトタイプの作成
    • 11.2.3 テストの準備
      • 同意書に署名をもらう理由は?

「インタフェースデザインの実践教室」第6回 (9/18)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井、青木(記)

範囲 pp.71 – 88

I部 リサーチ

  • 9章 メンタルモデル
    • 9.5 メンタルモデルに基づくデザイン
      • 9.5.1 指針その1 – 単純さ
      • 9.5.2 指針その2 – 身近な物からの類推
      • 9.5.3 指針その3 – 記憶不要
        項番誤植:9.5.4 → 9.5.3
      • 9.5.4 指針その4 – 柔軟性
      • 9.5.5 指針その5 – フィードバック
        「最近のワープロソフト。。。」とあるが、わりと昔からあるような。。。
      • 9.5.6 指針その6 – 安全
      • 9.5.7 指針その7 – アフォーダンス

II部 デザイン

  • 10章 スケッチとプロトタイプ
    • 10.1 全体の構造
    • 10.2 フローダイアグラム
    • 10.3 絵コンテ
    • 10.4 スケッチ
    • 10.5 ワイヤーフレーム

 

「インタフェースデザインの実践教室」第5回 (9/13)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、沼田、今井(記)

範囲 pp.57-71

I部 リサーチ

  • 8章 カードソート
    • 8.7 有用な階層を構築するためのガイドライン
      • 8.7.1 ひとつのものが複数の場所にあってもかまわない
      • 8.7.2 階層の深さ
        • p.59 脚注 † 内のURLの,は間違い?
          → このURLで合っていました。
        • p.60 上方
          下手なグループ化や自分が思いうかべているのと違うグループ化で階層化されていると、順番に階層を下って確認しなければならなかったりで、なかなかゴールに到達できないときがある。テレビやデッキの設定メニューとか。そんなときは、全て展開した形で見せて欲しいと思ったりする。
      • 8.7.3 グループ化
  • 9章 メンタルモデル
    • 9.1 ユーザーの期待
    • 9.2 3つのモデル
    • 9.3 インプリメンテーションの詳細の隠蔽
      • p.67 絵の下2行目 脱字
        単純にしようします。→単純にしようします。
    • 9.4 メンタルモデルの弱点
    • 9.5 メンタルモデルに基づくデザイン
      • p.70 下から2行目 衍字
        一致しておらず、→一致しておらず、

「インタフェースデザインの実践教室」第4回 (9/10)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、青木(記)
範囲 pp.38 – 57

6章 文章のユーザビリティ

  • 6.9 皆が理解できる言葉を使う
  • 6.10 文章をテストする
    「クローズテストはUI関連分野ではないようです」とありますが、英語に比べ日本語では難しい気がします。
  • 6.11 文章は判読しやすい形で表示する

7章 インタフェースデザインと階層

  • 7.1 階層構造の視覚的構築

8章 カードソート

  • 8.1 階層の設計
    • カードソート
  • 8.2 カードソートの準備
  • 8.3 参加者
  • 8.4 カードソートの実施
    手法はKJ法と同じですね。今後の開発で試してみたいと思います。
  • 8.5 リモートのカードソート
  • 8.6 結果の評価