Monthly Archives: 8月 2012

「ビジネスモデル・ジェネレーション」第9回(8月31日)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、沼田、今井(記)
範囲 p.113~p.129

2. Patterns パターン

  • Open Business Models オープンビジネスモデル
    • グラクソ・スミスクラインのパテントプール
    • コネクターとしてのInnocentive
    • アウトサイド・インパターン
    • インサイド・アウトパターン
      • p.116,117
        アウトサイド・インパターンやインサイド・アウトパターンは、もともと何か強いところ、物を持っていないとダメか。
  • パターンの概要
    • p.120, 121の絵は何? いろいろなキャンバスを考えて、これ(赤丸部分)を選んだという絵?

3. Design デザイン

  • テクニック_No.1 顧客インサイト
    • 顧客インサイトに基づくビジネスモデル構築
      • p.127
        「2008年のバレンタインデー」は何を言いたいのだろう?

「ビジネスモデル・ジェネレーション」第8回(8月28日)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、青木、沼田(記)
範囲 p.100 – p112

2. Patterns パターン

  • ビジネスモデルとしてのフリー戦略
    • 保険モデル:逆さまのフリーミアム
    • フリーミアムパターン
      • p.102、103 ユーザー数から出ているふきだし
        ユーザーではなくユーザー数×プレミアムユーザー割合では?
    • エサと釣り針モデル
    • エサと釣り針パターン
      • 釣り針、といわれると引っ掛けるイメージがあって、ちょっとしっくりこない…。
      • p.107 KAとKRから出ているふきだしが逆
  • オープンビジネスモデル
    • 穴の開いた漏斗のような絵はプロセスを表している?
    • 漏斗(?)から出た先(他企業の市場/新しい市場/現在の市場)に全部×がついているのは何故?
    • p.110 文章の真ん中の段のl.4
      イベーション→イベーション

「ビジネスモデル・ジェネレーション」第7回(8月24日)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井、青木(記)

範囲 p.94~p.99

2. Patterns パターン

  • FREE as a Business Model ビジネスモデルとしてのフリー戦略
    • 無料広告:マルチサイドプラットフォームのパターン
      • フリーミアム
      • オープンソース
      • Skype
        P98の円グラフ左の記述で5億5000ドルの5000は5億に比べて桁が違いすぎると思ったら次のページに5億5000万ドルと書いてありました。
        誤植:P99の下から4行目の誤「音声通話ジネス」、正「音声通話ビジネス」。

「ビジネスモデル・ジェネレーション」第6回(8月21日)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、沼田、今井(記)
範囲 p.86~p.93

2. Patterns パターン

  • Multi-Sided Platforms マルチサイドプラットフォーム
    • マルチサイドプラットフォームパターン
      • p.87
        • CS:マルチサイドプラットフォーム
        • VP:コスト削減、アクセスしやすさ、快適さ/使いやすさ
        • R$:仲介手数料、広告、販売、使用料 など
        • KR:物理的なリソース
        • KA:プラットフォーム/ネットワーク
        • C$
  • FREE as a Business Model ビジネスモデルとしてのフリー戦略
    • [定義] パターンNo.4
      • p.90 この絵は何をあらわしているのだろう?
        → アメリカのスーパーなどでみるポップの価格表示で、0ドルを表しているのではないか。 $0._
    • 広告:マルチサイドプラットフォームモデル
      • p.92 下からl.10
        独自の流通ネットワークの構築が必要でした
      • p.92 絵の緑とか青の色はp.61の意味とはちがうみたい。パターンごとに意味がことなっているのでは?
      • p.92
        • CS:マルチサイドプラットフォーム
        • VP:価格
        • CH:営業部隊、パートナーショップ
        • CR: ?
        • R$: 広告
        • KR:知的財産、物理的なリソース
        • KP:バイヤー・サプライヤーの関係
        • C$:
    • 新聞:無料にすべきかどうか
      • p.93 True/Slantって、All Aboutみたいなもの?

「ビジネスモデル・ジェネレーション」第5回(8月17日)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田(記)
範囲 p.72 – p85

2. Patterns パターン

  • ロングテール
    • p.73のビジネスモデルキャンパスは次のような感じ?
      • CS:マス市場
      • VP:カスタマイゼーション
      • CH:直販Web
      • CR:コミュニティ
      • R$:商品の販売
      • KR:
      • KA:プラットフォーム
      • KP:
      • C$:コスト主導
  • マルチサイドプラットフォーム
    • p.77【REF・ER・ENCES】3
      maze:迷路、迷宮。
    • p.78~79の図
      顧客セグメント≧2の下にある絵はニワトリと卵だろう。線で分けているのを白い×で否定している?

「ビジネスモデル・ジェネレーション」第4回(8月14日)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 p.62~p.71

2. Patterns パターン

  • Unbundling Business Models アンバンドルビジネスモデル
    • モバイル通信のアンバンドル
    • アンバンドルビジネスモデルのパターン × 3
      • p.64 この図(写真)はどういう意味?
        上のキャンバスを、

        • カスタマーリレーションシップマネジメント
        • 製品イノベーション
        • インフラ管理

        の3つにアンバンドルしたときのパターンだろう。前頁の「モバイル通信のアンバンドル」を一般化(パターン化)したもの。

      • p.64 「モバイル通信のアンバンドル」で抜けているブロックと、このパターンで抜けているブロックは、(カスタマーリレーションシップのKAを除いて)同じだ。
      • p.64 左キャンバスのVP内、普段、Object-Oriented → オブジェクト指向 や、Service-Oriented Architecture → サービス指向アーキテクチャ というのを見慣れているためか、SERVICE ORIENTED → サービス志向 は、何か違和感がある。
      • p.64 アンバンドル前と後で順番が変わると見づらいね。
  • The Long Tail ロングテール
    • [定義] パターンNo.2
    • 出版産業の変革
      • 古いモデル
      • 新しいモデル
        • p.71 ビジネスモデルキャンバスを見るときは、p.12~のキャンバスについて書かれている順番に見ていけばわかりやすいのではないか。最初は時間がかかるかもしれないが、そのうちなれるだろう。
        • p71 p.20~の各ブロックの説明にある例のどれにあたるのかを考えながら見るとよいかも。そうすると、下記のようになるか。
          • CS: ニッチ市場
          • VP: 新奇性
          • CH: 自社-直接-ウェブ販売
          • CR: コミュニティ
          • R$: 使用料
          • KR: 物理的なリソース
          • KA: プラットフォーム/ネットワーク
          • KP:
          • C$: 価値主導?
        • p.71 上の絵
          著作作業のイメージは新しいモデルでも「タイプライター」なんだね。

「ビジネスモデル・ジェネレーション」第3回(8月10日)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、青木、沼田(記)
範囲 p.40 – p.61

1. Canvas キャンバス

  • 9つの構築ブロック
  • ビジネスモデルキャンバス
    • p.44 ビジネスモデルキャンバス
      キャンバスを描くと、下の2つの構築ブロックがSを$で表記するものになっている。
    • p.45 ポスター
      大型の張り紙のこと
    • p.46 顧客との関係に張られている「lovemark」は何のこと?
    • p.50 フリーミアム
      書籍「フリー~<無料>からお金を生み出す新戦略」が話題に上りましたが、著者はクリス・アンダーソン氏でした。
    • p.50 FGV
      ブラジルの高等教育機関 Fundaçao Getulio Vargas ???
    • p.50 COPPE
      ブラジル連邦リオデジャネイロ大学(UFRJ)の大学院 Institute of Engineering Graduate Studies and Research(COPPE)???

2. Patterns パターン

  • アンバンドルビジネスモデル
    • p.57
      ばらばらにしてひとつに集中するということ?
    • p.57 【REF・ER・ENCES】や【EX・AM・PLES】という表記になっているのは何か意味がある?音節で区切っている?

「ビジネスモデル・ジェネレーション」第2回(8月7日)

Posted on by 1 comment

参加者 沼田(読み手)、今井、青木(記)
範囲 p.20~p.39

1. キャンバス

  • 9つの構築ブロック
    • 1 顧客セグメント
    • 2 価値提案(バリュープロポジション)
      「新奇性」とは、目新しいさま。物珍しいさま。
      マスカスタマイゼーションの具体例:パソコンのBTO、スーツのイージーオーダーなど。
    • 3 チャネル
    • 4 顧客との関係
    • 5 収益の流れ
    • 6 リソース
    • 7 主要活動
    • 8 パートナー

「ビジネスモデル・ジェネレーション」第1回(8月3日)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、沼田、今井(記)
範囲 表紙~p.19

巻末の著者、訳者紹介

表紙

  • ‘Game Changers’ は日本語になると「イノベーター」になるんだね。

本書を推薦する言葉~目次

  • p.7 「誠実な企業家」にある“マイクロクレジット”とは?
    融資可能でない人々を対象とする非常に小額の融資。(ウィキペディアより)
  • p.9 Strategyの3行末-4行頭
    「に」がダブっている。(翔泳社の正誤表に記述あり)

1. キャンバス

  • ビジネスモデルの定義
    • p.15 ここでの「コンセプト」とは何のことを言っているのか?
      → p.14の定義にある、「論理的に記述したもの」を記述するための共通言語として使うためのものではないか。
      → 中身についてはこれから出てくるようだ。
  • 9つの構築ブロック
    • p.16 p.15の最後のほうに、「4つの領域(顧客、価値提案、インフラ、資金)をカバーする、9つの構築ブロックで構成されています」とある。
      顧客はCS, 価値提案はVPだと思うが、インフラと資金はどれにあたるのだろう。チャネルとリソース?一対一に対応するわけではない?
    • p.17 Revenue Streams と Cost Structure の略称のSはどうして$になっている?金銭にかかわるから? C$は、CSだとCustomer Segmentsと同じになってしまうね。