Monthly Archives: 7月 2009

「オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践」 第5回(7月31日)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手), 青木(記)
範囲 pp.47-61

  • パートD オブジェクト指向応用編:より良い方法の適用
    • 第21章 継承のケーススタディ:対話型システムにおける「Undo」
      • 21.1 過ちを続けるのは悪魔の所業
        • 21.1.3 実用上の課題
        • 21.1.4 解決策に対する条件
      • 21.2 抽象を探す
        • 21.2.1 クラスとしてのコマンド
        • 21.2.2 基本的な対話のステップ
        • 21.2.3 最後に実行したコマンドを記憶する
        • 21.2.4 システムの動作
        • 21.2.5 コマンドオブジェクトの作り方
      • 21.3 複数レベルの実行取り消しと再実行
        • 21.3.1 履歴リスト
        • 21.3.2 Undoの実装
        • 21.3.3 再実行の実装
        • 21.3.4 通常のコマンドの実行
      • 21.4 実装の側面
        • 21.4.1 コマンド引数

「オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践」 第4回(7月24日)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手), 今井, 青木(記)
範囲 pp.33-47

  • パートD オブジェクト指向応用編:より良い方法の適用
    • 第20章 デザインパターン:マルチパネルインタラクティブシステム
      • 20.5 オブジェクト指向のアーキテクチャ
        • 20.5.2 クラスとしての状態
        • 20.5.3 継承と暫定クラス
        • 20.5.4 完結したシステムを記述する
        • 20.5.5 アプリケーションクラス
      • 20.6 検討
      • 20.7 参考文献
    • 第21章 継承のケーススタディ:対話型システムにおける「Undo」
      • 21.1 過ちを続けるのは悪魔の所業
        • 21.1.1 Undoの楽しみと利益
        • 21.1.2 複数レベルの実行取り消しと再実行
・p38の4行目 ‘execute__session’ は’execute_session’の誤植?
・p40 feature–要素の変更でchoose_initial(sn:INTEGER)が2つあるのは誤植か?あるいは意味があるのだろうか

「オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践」 第3回(7月21日)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手), 沼田, 今井(記)
範囲 pp.21-32

  • パートD オブジェクト指向応用編:より良い方法の適用
    • 第20章 デザインパターン:マルチパネルインタラクティブシステム
      • 20.1 マルチパネルシステム
        • 図20.1と図20.2の「 Enquiry_on_flights」が対応している。
        • 図20.2でInitialから二つのHelpへの遷移があるのはなぜ?
      • 20.2 まず単純にやってみる
      • 20.3 機能的トップダウン法
        • 20.3.1 遷移関数
          • 表20.1から考えると、図20.2のInitialから2つのHelpへの遷移は、どちらかがFinalなのではないだろうか。
          • 図20.2の状態遷移図、表20.1の遷移表から見ると、図20.1に「0 — 終わる」があるのはおかしい。
        • 20.3.2 ルーチン構造
      • 20.4 このやり方を批評する
        • 20.4.1 国家主権主義
      • 20.5 オブジェクト指向のアーキテクチャ
        • 20.5.1 逆転の法則

「オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践」 第2回(7月17日)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手),  青木(記)
範囲 pp.11-21

  • パートD オブジェクト指向応用編:より良い方法の適用
    • 第19章方法論について
      • 19.2 良いルールを考えるということ:アドバイスする人へのアドバイス
        • 19.2.10 抽象的であることと厳密であること
        • 19.2.11 もし奇異ならば、修正せよ
      • 19.3 比喩の使用について
      • 19.4 謙虚であることの重要さ
      • 19.5 参考文献
      • 19.6 演習問題
    • 第20章デザインパターン:マルチパネルインタラクティブシステム

「オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践」 第1回 (7月14日)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手), 今井, 青木(記)
範囲 pp.vii-viii,  pp.1-11

  • 訳者まえがき
  • パートD オブジェクト指向応用編:より良い方法の適用
    • 第19章方法論について
      • 19.1 ソフトウェアの方法論:なぜとなに
      • 19.2 良いルールを考えるということ:アドバイスする人へのアドバイス
        • 19.2.1 方法論の指針の必要性
        • 19.2.2 理論
        • 19.2.3 実践
        • 19.2.4 再利用
        • 19.2.5 規則の類型論
        • 19.2.6 絶対的な肯定
        • 19.2.7 絶対的な否定
        • 19.2.8 助言
        • 19.2.9 例外

「Effective Java 第2版」 第42回 (7月10日)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手), 沼田, 大野, 今井(記)
範囲 p.302 第11章 シリアライズ 項目78 シリアライズされたインスタンスの代わりに、シリアライズ・プロキシを検討する
~ p.305

本日で、「Effective Java 第2版」は終了です。
次回から、「オブジェクト指向入門 第2版 方法論・実践」です。

「Effective Java 第2版」 第41回 (7月7日)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、青木、大野(記)、沼田

範囲 p.297 ~p.301 第11章 シリアライズ 項目77 インスタンス制御に対しては、readResolveよりenum型を選ぶ

「Effective Java 第2版」 第40回 (7月3日)

Posted on by 0 comment

参加者 今井、青木、大野(読み手)、沼田(記)

範囲 p.291 第11章 シリアライズ 項目76 防御的にreadObjectを書く
~p.297 インスタンス制御に対しては、readResolveよりenum型を選ぶ(readResolveメソッドのコード例まで)