Category Archives: エンジニアの知的生産術

「エンジニアの知的生産術」第16回(1/31)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.239-244

第7章 何を学ぶかを決めるには

  • 自分経営戦略
    • かけ合わせによる差別化戦略 (p.239 「連続スペシャリスト」~)
      • p.240 l.6 衍字
        あなたは → あなたは
    • 組織の境界をまたぐ知識の貿易商戦略
  • 知識を創造する

読了

「エンジニアの知的生産術」第15回(1/29)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田(記)
pp.221 – 239

第7章 何を学ぶかを決めるには

  • 何を学ぶのが正しいか?
    • 数学の正しさ
    • 科学と数学の正しさの違い
    • 意思決定の正しさ
      • 繰り返す科学実験と一回性の意思決定
      • 事後的に決まる有用性
      • 過去を振り返って点をつなぐ
  • 自分経営戦略
    • 学びたい対象を探す探索戦略
    • Column  選択肢の数が意思決定の質にもたらす影響
      • 探索範囲を広くする
    • 知識を利用して拡大再生産戦略
    • 卓越を目指す差別化戦略
      • 他人からの知識の獲得はコストが安い
      • 他人から得た知識は価値が低い
      • 卓越性の追求
    • かけ合わせによる差別化戦略
      • ふたこぶの知識

「エンジニアの知的生産術」第14回(1/24)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.203-220

第6章 アイデアを思い付くには

  • まずは情報を収集する
    • まだ言葉になっていないもの (p.203 「違和感は重要な兆候」 から)
    • 言語化のまとめ
  • 磨き上げる
    • 最小限の実現可能な製品
    • U曲線を登る
    • 他人の視点が大事
    • 誰からでも学ぶことができる
    • タイムマシンを作れ
    • 再び耕す
  • まとめ

「エンジニアの知的生産術」第13回(1/22)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田(記)
pp.187 – 203

第6章 アイデアを思い付くには

  • まずは情報を収集する
    • 自分の中の探検
    • 言語化を促す方法
      • 質問によるトリガ
      • フレームワークのメリットとデメリット
      • 創造は主観的
    • 身体感覚
      • 絵に描いてみる
    • たとえ話・メタファ・アナロジー
      • NM法とアナロジー
      • Clean LanguageとSymbolic Modelling
    • まだ言葉になっていないもの
      • 暗黙知:解決に近付いている感覚
    • Column  二種類の暗黙知

「エンジニアの知的生産術」第12回(1/17)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.169-187

第5章 考えをまとめるには

  • 多すぎる情報をどうまとめるか
    • 束ねたふせんをまた広げる
    • 文章化してアウトプット
  • 社会人向けチューニング
    • ステップの省略
    • 中断可能な設計
    • A4書類の整理法
  • 繰り返していくことが大事
    • KJ法を繰り返す
    • 繰り返しのトリガ
    • インクリメンタルな改善
    • 過去の出力を再度グループ編成
    • 電子化
  • まとめ

第6章 アイデアを思い付くには

  • 「アイデアを思い付く」はあいまいで大きなタスク
    • アイデアを思い付く3つのフェーズ
    • 先人の発想法

「エンジニアの知的生産術」第11回(1/8)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田(記)
pp.153 – 168

第5章 考えをまとめるには

  • 多すぎる情報をどうまとめるか
    • 関係のありそうなものを近くに移動
      • KJ法の流れ
    • グループ編成には発想の転換が必要
      • グループ編成は客観的ではない
      • グループ編成は階層的分類ではない
      • 既存の分類基準を使うデメリット
    • Column  フレームワークによる効率化
      • 事前に分類基準を作るデメリット
      • 分類で負担を減らすメリット
    • 関係とは何だろう
      • 類似だけが関係ではない
      • NM法は対立関係に着目する
      • 話題がつながる関係
    • 束ねて表札を付け、圧縮していく
      • p.162 最後の文
        …貼ることできる…、では?(脱字)
      • 表札作りのメリット・デメリット
      • 表札を作れるグループが良いグループ
      • ふせんが膨大なときの表札作り
      • 「考えがまとまらない」と「部屋が片付かない」は似ている
    • Column  表札とふせんの色
    • Column  知識の整合性

「エンジニアの知的生産術」第10回(12/27)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.136-153

第4章 効率的に読むには

  • 読むというタスクの設計
    • 読書は手段、目的は別(p.136 「思考の道具を…」~)
    • 復習のための教材を作る
  • まとめ

第5章 考えをまとめるには

  • 情報が多すぎる? 少なすぎる?
    • 書き出し法で情報量を確認
  • 多すぎる情報をどうまとめるか
    • p.149 中ほど、脱字
      準備ができたしましょう。 → 準備ができたしましょう。
    • 並べて一覧性を高くする
    • 並べる過程で思いついたらすぐ記録
    • 関係のありそうなものを近くに移動(p.153 「KJ法の流れ」の前まで)

「エンジニアの知的生産術」第9回(12/25)

参加者 今井(読み手)、沼田(記)
pp.121 – 136

第4章 効率的に読むには

  • 1ページ2秒以下の「見つける」読み方
    • フォーカスリーディング
      • 速度を計測しコントロールする
    • 見出しなどへの注目
    • Column  時間軸方向の読み方
      • 下から2行目
        普遍的正しさは…では?
  • 1ページ3分以上の「組み立てる」読み方
    • 哲学書の読み方
      • 開いている本・閉じている本
      • 外部参照が必要な本
      • 登山型の本とハイキング型の本
    • 1冊に40時間かけて読む
      • 棚を見る
      • 読書ノートに書きながら読む
      • わからないことを解消するために読む
    • 数学書の読み方
      • わかるの定義
      • わかることは必要か?
  • 読むというタスクの設計
    • l.13 …覚えておくこととやすばやく思い出すこと…
      覚えておくことすばやく思い出すこと?覚えておくことすばやく思い出すこと?
    • 理解は不確実タスク
    • 読書は手段、目的は別
      • 大雑把な地図の入手
      • 結合を起こす

「エンジニアの知的生産術」第8回(12/20)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.103-121

第4章 効率的に読むには

  • 「読む」とは何か?
    • 本を読むことの目的
    • 「読む」の種類と速度
  • あなたの普段の読む速度は?
    • 読む速度のピラミッド
    • ボトルネックはどこ?
    • 速読の苦しみ
    • 読まない
  • 1ページ2秒以下の「見つける」読み方
    • Whole Mind System
    • フォーカス・リーディング(p.121 「速度を計測し…」の前まで)

「エンジニアの知的生産術」第7回(12/18)

参加者 今井(読み手)、沼田(記)
pp.86 – 101

第3章 記憶を鍛えるには

  • アウトプットが記憶を鍛える
    • テストは記憶の手段
    • テストをしてからさらに学ぶ
    • 自信はないが成績は高い
    • 適応的ブースティング
    • テストの高速サイクル
  • 知識を長持ちさせる間隔反復法
    • 忘れてから復習する
    • ライトナーシステム
    • 問題のやさしさ
    • 知識を構造化する20のルール
    • Anki
    • 難易度の自動調節
    • 教材は自分で作る
    • Column  知識を構造化する残り15のルール
      • 作る過程で理解が深まる
      • 個人的な情報を利用できる
      • 著作権と私的使用のための複製
  • まとめ