Blog Archives

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第19回(4/18)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.165 – 177

第3章 販売管理

  • 3-2 受注(最新デバイスによる受注から)
  • 3-3 売上
    • p.173 情報化のポイント! の2行目「金額を入れるようなもの使われていたが、」→「金額を入れるようなもの使われていたが、」
  • 3-4 債権管理(表3-8 の手前まで)
    • p.176 用語解説【指定請求書】の中で「相手指定の」→「相手指定の

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第16回(4/9)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.132 – 143

第2章 財務会計

  • 2-13 IFRS(International Financial Reporting Standards)
  • ITエンジニアにとってのプラスワン 投資判断に用いられる指標-EVAとDCF法
  • 法律を知る
    • 会社法
    • 金融商品取引法
      • 「投資家保護の保護を目的に」は保護が2重になってしまっている。
    • 法人税法
    • 消費税法
      • 「平成31年(2019年)10月1日から消費税率が10%引き上げられ」は「平成31年(2019年)10月1日から消費税率が10%引き上げられ」の間違い。

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第13回(3/28)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.107 – 117

第2章 財務会計

  • 2-6 手形(電子記録債権から)
  • 2-7 資金調達
    • p.109 l.6 「信用保証協会を利したり」は「信用保証協会を利したり」では?
  • 2-8 固定資産管理
  • 2-9 リース
    • p.115 用語解説【サイロ型システム】「貯蔵庫ことで」は「貯蔵庫ことで」の誤り。
  • 2-10 会計ソリューション(財務会計システムで出力される会計帳簿と財務諸表まで)

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第10回(3/12)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.086 – 091

第2章 財務会計

  • 2-2 代表的な財務諸表(貸借対照表の分析から)
    • p.088 表2-4中の「投資有価証券償還益」は「投資有価証券償還益」の間違いでは。
  • 2-2 代表的な財務諸表(その他の指標まで)

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第5回(2/21)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.030 – 041

第1章 会社経営

  • 1-5 情報技術を活用した事業戦略の立案―ITストラテジストの役割―(【参考】業績評価指標の例から)
    • p.035 「MTTR」は「機械故障時間」ではなく「平均復旧時間」では?
    • p.035 「従業員1人当たりの売上高」は、「売上高/従業員数×100」ではなく「売上高/従業員数」。
  • 1-6 マーケティング(マーケティング1.0 ー製品志向ーまで)

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第2回(2/12)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、青木(記)
範囲 pp.001 – 009

第1章 会社経営

  • 学習のポイント 会社経営の学び方
    • p.003 ページ中ほど、「定常的モニタリングBSCなどの提案」→「定常的モニタリングBSCなどの提案」
  • 1-1 第4次産業革命の時代を迎えて
  • 1-2 会社とは

「ゼロから作るDeep Learning ❷」第29回(11/9)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木(記)
pp.374 – 392

8章 Attention

  • 8.5 Attentionの応用
    • 8.5.3 Neural Turing Machine(NTM)
  • 8.6 まとめ

付録A sigmoid関数とtanh関数の微分

  • A.1 sigmoid関数
  • A.2 tanh関数
  • A.3 まとめ

付録B WordNetを動かす

  • B.1 NLTKのインストール
  • B.2 WordNetで同義語を得る
    • p.388 l.8 「それでは実際にWordNetを実際に」の「実際に」はどちらか不要。
  • B.3 WordNetと単語ネットワーク
  • B.4 WordNetによる意味の類似度

「ゼロから作るDeep Learning ❷」第26回(10/30)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
pp.329 – 345

8章 Attention

  • 8.1.3 Decoderの改良(1)
  • 8.1.4 Decoderの改良(2)
  • 8.1.5 Decoderの改良(3)(p.345まで)

「ゼロから作るDeep Learning ❷」第24回(10/23)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木(記)
pp.304 – 318

7章 RNNによる文章生成

  • 7.3 seq2seqの実装
    • 7.3.2 Decoderクラス(Decoderクラスのソースの次の段落から)
    • 7.3.3 Seq2seqクラス
    • 7.3.4 seq2seqの評価
  • 7.4 seq2seqの改良
    • 7.4.1 入力データの反転(Reverse)
    • 7.4.2 覗き見(Peeky)

「ゼロから作るDeep Learning ❷」第21回(10/12)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
pp.259 – 275

6章 ゲート付きRNN

  • 6.5 RNNLMのさらなる改善
    • 6.5.1 LSTMレイヤの多層化
    • 6.5.2 Dropoutによる過学習の抑制
    • 6.5.3 重み共有
    • 6.5.4 より良いRNNLMの実装
    • 6.5.5 最先端の研究へ
  • 6.6 まとめ