Blog Archives

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第17回(4/11)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)
範囲 pp.144-156

第2章 財務会計

  • Professional SEになるためのNext Step
  • 業務知識の章末チェック

第3章 販売管理

  • 販売管理の学び方
    • p.148 中見出し
      業種とその存在理由 → 各業務とその存在理由
      表は「業務」だし、1章、2章の「~の学び方」でも「業務」だから、「業務」の間違いだろう。
  • 3-1 新規取引開始
    • p.152 図3-2
      売買契約が終わってから審査をするのだろうか。顧客と売買契約は終わっているけど棄却された場合、営業担当者はどうするのだろう?
  • 3-2 受注 (p.155まで)

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第14回(4/2)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)
範囲 pp.118-125

第2章 財務会計

  • 2-10 会計ソリューション (p.118 「他システムとの連携」から)
  • 2-11 内部統制報告制度 (p.125 表2-13の前まで)
    • p.122 中ほど
      表2-11~表2-13の通り → 表2-11~表2-14の通り
    • p.124 表2-12 *1 衍字
      会計方針については → 会計方針については

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第11回(3/14)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)
範囲 pp.092-099

第2章 財務会計

  • 2-2 代表的な財務諸表(「キャッシュフロー計算書」から)
  • 2-3 標準的なスケジュール
  • 2-4 簿記
  • 2-5 決算(「決算の確定」まで)

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第8回(3/5)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)
範囲 pp.065-078

第1章 会社経営

  • 1-6 マーケティング(「商品の品揃え(ネットショップ)」~)
    • p.065 l.4 衍字
      在庫していていても → 在庫していても
    • p.065 図1-24
      青の網掛は[80:20の原則]の範囲を表している?右側一本塗り忘れか。
  • 1-7 管理会計
  • ITエンジニアにとってのプラスワン
    • — 様々な調査・分析技法① —
    • — 様々な調査・分析技法② —
    • — 様々な調査・分析技法③ —
      • p.074 決定木分析 l.4
        どういう属性の人が購買するのか → どういう属性の人が購入するのか
  • Professional SEになるためのNext Step
    • 1. 業務知識が必要になるまでに学習しておくべきこと
    • 2. 業務知識が必要になったら
    • 3. ただし‥‥‥
  • 業務知識の章末チェック
    • 見直し先のページ番号が欲しいね。

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第6回(2/26)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)
範囲 pp.042-052

第1章 会社経営

  • 1-6 マーケティング(「マーケティング2.0 — 顧客志向 —」~「インターネット広告の現状」の6行目、p.053 図1-11)
    • p.044 4行目 誤字?
      そのサービスタイムリーに提供し、→そのサービスタイムリーに提供し、
    • p.049 下から6~5行目 脱字
      マーケティンを → マーケティン
    • p.051 第二段落1~2行目 脱字?
      顧客体験などもいう → 顧客体験などもいう

「ITエンジニアのための【業務知識】がわかる本 第5版」第3回(2/15)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)
範囲 pp.010-019

第1章 会社経営

  • 1-3 経営組織
  • 1-4 経営戦略 (p.019まで)
    • p.015 PPMの二行目
      PPM(ポート・フォリオ・マネジメント)は、PPM(プロダクト・ポートフォリオ・マネジメント)の間違いだろう。

「エンジニアの知的生産術」第16回(1/31)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.239-244

第7章 何を学ぶかを決めるには

  • 自分経営戦略
    • かけ合わせによる差別化戦略 (p.239 「連続スペシャリスト」~)
      • p.240 l.6 衍字
        あなたは → あなたは
    • 組織の境界をまたぐ知識の貿易商戦略
  • 知識を創造する

読了

「エンジニアの知的生産術」第14回(1/24)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.203-220

第6章 アイデアを思い付くには

  • まずは情報を収集する
    • まだ言葉になっていないもの (p.203 「違和感は重要な兆候」 から)
    • 言語化のまとめ
  • 磨き上げる
    • 最小限の実現可能な製品
    • U曲線を登る
    • 他人の視点が大事
    • 誰からでも学ぶことができる
    • タイムマシンを作れ
    • 再び耕す
  • まとめ

「エンジニアの知的生産術」第12回(1/17)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.169-187

第5章 考えをまとめるには

  • 多すぎる情報をどうまとめるか
    • 束ねたふせんをまた広げる
    • 文章化してアウトプット
  • 社会人向けチューニング
    • ステップの省略
    • 中断可能な設計
    • A4書類の整理法
  • 繰り返していくことが大事
    • KJ法を繰り返す
    • 繰り返しのトリガ
    • インクリメンタルな改善
    • 過去の出力を再度グループ編成
    • 電子化
  • まとめ

第6章 アイデアを思い付くには

  • 「アイデアを思い付く」はあいまいで大きなタスク
    • アイデアを思い付く3つのフェーズ
    • 先人の発想法

「エンジニアの知的生産術」第10回(12/27)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.136-153

第4章 効率的に読むには

  • 読むというタスクの設計
    • 読書は手段、目的は別(p.136 「思考の道具を…」~)
    • 復習のための教材を作る
  • まとめ

第5章 考えをまとめるには

  • 情報が多すぎる? 少なすぎる?
    • 書き出し法で情報量を確認
  • 多すぎる情報をどうまとめるか
    • p.149 中ほど、脱字
      準備ができたしましょう。 → 準備ができたしましょう。
    • 並べて一覧性を高くする
    • 並べる過程で思いついたらすぐ記録
    • 関係のありそうなものを近くに移動(p.153 「KJ法の流れ」の前まで)