「エンジニアリング組織論への招待」第9回(5/22)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.124 – 137

Chapter 2 メンタリングの技術

  • 2-4. 内心でなく行動に注目する
    • なぜ行動を起こせないのか?
    • ゴールへのタイムマシンに乗る

Chapter 3 アジャイルなチームの原理

  • 3-1. アジャイルはチームをメンタリングする技術
    • p.131 l.3
      …開発フロートと→開発フローと?(衍字)

    • 日本と世界のアジャイル開発普及率
    • 日本国内ではアジャイル実践者の数が圧倒的に少ない
    • アジャイル開発が必要とされた2つの理由
    • アジャイル開発は3倍の成功率、1/3の失敗率
    • プロジェクトマネジメントとプロダクトマネジメント(「ソフトウェア開発の前提が変化した」の手前まで)

「エンジニアリング組織論への招待」第8回(5/18)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)
範囲 pp.108-124

Chapter 2 メンタリングの技術

  • 2-3. 心理的安全性の作り方
    • 「アットホームな会社」は心理的安全性が高いか (「心理的安全性と責任」から)
    • アクノレッジメントとストーリーテリング
    • ストーリーテリングの重要性
    • ジョハリの窓と心理的安全性
  • 2-4. 内心でなく行動に注目する
    • 内心は見ることができないが、行動は見ることができる
    • SMARTな行動
    • 「わかった?」は意味のない言葉
    • 能力は習慣の積分、習慣は行動の積分

「エンジニアリング組織論への招待」第7回(5/15)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.93 – 108

Chapter 2 メンタリングの技術

  • 2-2. 傾聴・可視化・リフレーミング
    • 共感をして話を聞きだす「信号」(「気がつかない信号を指摘してもらう」から)
    • 問題の「可視化」と「明晰化」
    • 認知フレームとリフレーミング
  • 2-3 心理的安全性の作り方
    • 「アットホームな会社」は心理的安全性が高いか(「心理的安全性と責任」の手前まで)

「エンジニアリング組織論への招待」第6回(5/11)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.81 – 93

Chapter 2 メンタリングの技術

  • 2-1. メンタリングで相手の思考をリファクタリング
    • 効果的なメンター/メンティー
      • p.84 l.13
        …誰も階段を登りません。→りません、のほうが自然?
    • 「他者説得」から「自己説得」に
    • 「悩む」と「考える」の違い
  • 2-2. 傾聴・可視化・リフレーミング
    • 解けないパズルを変換する
    • 空っぽのコップにしか水は入らない
    • 「傾聴」と「ただ話を聞くこと」の違い
      • p.90 l.5
        …人の話を聞く場合ときは…→「場合」か「とき」のどちらかが余分では
      • p.91 l.5
        …前向きに考えられるように支援」するように→支援する」ように?
    • 共感をして話を聞きだす「信号」(「気がつかない信号を指摘してもらう」の手前まで)

「エンジニアリング組織論への招待」第5回(5/8)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、今井(記)
範囲 pp.64-81

Chapter 1 思考のリファクタリング

  • 1-6. 全体論とシステム指向
    • 認知範囲とシステム指向
      • p.64 下から3行目 誤字
        問題決策 → 問題解決策
    • 問題解決より問題発見の方が難しい
  • 1-7. 人間の不完全さを受け入れる
    • コミュニケーションの不確実性
    • カレー作りの寓話
    • 不確実性を削減し、秩序を作る

Chapter 2 メンタリングの技術

  • 2-1. メンタリングで相手の思考をリファクタリング
    • メンタリングの歴史
    • メンタリングとエンジニアリングの関係
    • 「自ら考える人材を作る」ためのテクニック
      • p.81 l.17 誤字
        その人力で → その人の力で

「エンジニアリング組織論への招待」第4回(4/27)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.51 – 63

Chapter 1 思考のリファクタリング

  • 1-6. 全体論とシステム思考
    • システムとは全体の関係性を捉えること
      • p.52 10行目 「西洋医学にも東洋医学にも近い」→「西洋医学にも東洋医学に近い」か?
    • 部分だけしか見ないことで対立が起こる
      • p.57 施策Bの計算式が間違っている売上は、5万人×10%×100円
      • p.58 ページ下部の公式中で(現在の顧客数%退会率)は(現在の顧客数÷退会率)の誤りか?

「エンジニアリング組織論への招待」第3回(4/24)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.39 – 51

Chapter 1 思考のリファクタリング

  • 1-5. 経験主義と仮説思考
  • 1-6. 全体論とシステム思考(「システムとは全体の関係性を捉えること」の手前まで)

「エンジニアリング組織論への招待」第2回(4/20)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)
範囲 pp.24-38

Chapter 1 思考のリファクタリング

  • 1-4 論理的思考の盲点(「非論理的に考えない=論理的に考える」~)
    • p.27 3行目 ?
      その根拠に → それを根拠に
    • p.28 「結論の飛躍」の1行目 誤植
      「先回りのしすぎと」か → 「先回りのしすぎ」とか
  • 1-5 経験主義と仮説思考(~「プロフェッショナルの仕事」)

「エンジニアリング組織論への招待」第1回(4/17)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 表紙、著者略歴、pp.3-24

  • 表紙
  • 著者略歴
  • はじめに
  • 目次
  • Chapter 1 思考のリファクタリング
    • 1-1.すべてのバグは、思考の中にある
    • 1-2 不確実性とエンジニアリング
    • 1-3 情報を生み出す考え方
    • 1-4 論理的思考の盲点(「非論理的に考えない=論理的に考える」の前まで)

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第29回(4/3)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、沼田(記)
範囲 pp.318 – 321

Chapter 11 スケーラビリティへの対応

  • 11.3 Teechan

読了