「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第25回(1/19)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、沼田(記)
範囲 pp.270 – 279

Chapter 10 Segregated Witness

  • 10.9 Segwitのアドレスフォーマット(Bech32フォーマット~)
    • l.6、l.7
      base32、Base32はBech32の誤り?
  • 10.10 Segwitトランザクションの新しい署名方式(~P2WPKHの署名の作成)

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第24回(1/16)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木(記)
範囲 pp.263-270

Chapter 10 Segregated Witness

  • 10.1 トランザクションmalleability(マリアビリティ)の問題
    • 図10.1の後から4行目 「データを改善」→「データを改竄
  • 10.2 Segwitのトランザクション構造
    • p.265 表10.1 のフィールド名「version」が図10.2、図10.3の「nVersion」と異なっている。
    • p.265 l.1 「txout_cont」→「txout_count」
  • 10.3 witness program
  • 10.4 P2WPKH(Pay to Witness Pubkey Hash)
  • 10.5 P2WSH(Pay to Witness Script Hash)
  • 10.6 P2SHでネストしたP2WPKH
  • 10.7 P2SHでネストしたP2WSH
  • 10.8 使用する公開鍵の種類の制限
  • 10.9 Segwitのアドレスフォーマット(Bech32フォーマットの前まで)

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第23回(1/9)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.244-261

Chapter 9 Open Assets Protocol

  • 9.5 openassets-rubyを使ったアセットの発行・送付
    • p.247 アセットの発行の本文とコードサンプルのビットコインアドレスが違っている。

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第22回(12/26)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井(記)
範囲 pp.234-244

Chapter 9 Open Assets Protocol

  • 9 2 Asset IDの計算
    • p.239 l.9 行末 衍字
      Input1から1つの → Input1から1つの
  • 9 3 Open Assets Address
  • 9 4 Asset Definition Protocol

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第21回(12/22)

参加者 今井(読み手)、沼田(記)
範囲 pp.223 – 235

Chapter 8 技術文書と開発コミュニティ

  • 8.1 BIP
    • 表8.2 starttimtの内容
      ソフトフォーク機能を実装した…→ソフトフォーク機能を?
    • p.229 l.11
      アリスのソフトフォーク同時期に…→アリスのソフトフォーク同時期に?
  • 8.2 開発コミュニティ

Chapter 9 Open Assets Protocol

  • 9.1 Marker Output

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第20回(12/19)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木(記)
範囲 pp.207-222

Chapter 7 ノードとビットコイン・ネットワーク

  • 7.9 トランザクションのブロードキャスト
  • 7.10 SPVを効率的に実現するブルームフィルタ
    • p.217 l.10 脱字「左の子ノードをした際」→「左の子ノードを評価した際」
  • 7.11 Compact Block

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第19回(12/15)

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.195 – 206

Chapter 7 ノードとビットコイン・ネットワーク

  • 7.3 ネットワークプロトコルのメッセージ仕様
  • 7.4 メッセージタイプ
    • p.198 表7.2 mempoolコマンドの機能 l.2
      自身のメモリプールにある
  • 7.5 ハンドシェイク
    • p.201 下から4行目にあるコメント
      リモーノード→リモーノード
  • 7.6 他のノードの検出
  • 7.7 Initial Block Download
  • p.204 図7.3 getheadersのペイロード
    Stopping Hach→Stopping Hash
  • 7.8 ブロックのブロードキャスト

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第18回(12/12)

Posted on by 0 comment

参加者 沼田(読み手)、青木、今井(記)
範囲 pp.182-195

Chapter 6 トランザクション

  • 6 7 ロックタイム (OP_CLTV, OP_CSV)
    • p.187 表 6.20
      ブロック高ではなくブロック数?
      → 高と数は別物、絶対値と相対値ではないか。

Chapter 7 ノードとビットコイン・ネットワーク

  • 7 1 ノードの種類
  • 7 2 ネットワークの発見と接続
    • p.193 mainnetのDNSシード、ミススペル
      eed.bitcoinstats.com → seed.bitcoinstats.com

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第17回(12/8)

Posted on by 0 comment

参加者 今井(読み手)、沼田、青木(記)
範囲 pp.171 – 182

Chapter 6 トランザクション

  • 6.6 P2PKH,マルチシグ,P2SH(マルチシグから)

「ブロックチェーン・プログラミング 仮想通貨入門」第16回(12/5)

Posted on by 0 comment

参加者 青木(読み手)、今井、沼田(記)
範囲 pp.161 – 171

Chapter 6 トランザクション

  • 6.5 トランザクションへの電子署名(NONEで署名~)
    • NONEで署名する目的は?
  • 6.6 P2PKH,マルチシグ,P2SH(マルチシグの手前まで)