Cygwin 1.7のTMP

Windows 7にDoxygen環境をインストールしました。

  • Doxygen: 1.6.2
  • GraphViz: 2.26
  • W32TeX: last updated on 2010/01/20 の標準インストール(*1)
  • GPL Ghostscript: 8.70 (W32TeXのサイトにあったgs870w32full-gpl.zip)
  • Cygwin: 1.7.1

インストール後、以前PDF化したソースコードを新しい環境でPDF化しました。DoxywizardのGUIが以前と変わってますし、その他細かいところは違いますが、手順としては以前書いた下記記事と大体同じです。

Doxygenでドキュメント生成(4) : Imai blog. 及び一連の記事
Doxygenで`listings.sty’ not found. : Imai blog.

特に問題もなく $ make pdf で無事PDFファイルもできました。しかしAdobe Readerで見てみると英文字がひとつも表示されません。日本語文字は表示されています。

表示されている日本語文字の位置はあっていそうなので、メトリックファイル(.tfm)はあるけれどDVIからPSにするときにビットマップフォントファイル(.pk)がないのだろうと予測。 (ふたむかし程前に、情報が少ない中日本語LaTeX環境を苦労してインストールしたりそのLaTeXで文書を書いたりした経験が役に立ちました。)

確かにW32TeXインストール先にshare/texmf/fonts/pk/がありません。今のTeXはPKフォントがなければ勝手に作ったはずと思いながらPKフォントをつくるコマンドを調べると、mktexpk というコマンドでした。

試しに $ mktexpk --help と打ってみると、

Please define TEMP | TMP | TMPDIR.

そこで手で、$ export TMP=/tmp をし、$ make clean, $ make pdf をしたところ、無事に英文字も表示されるPDFファイルが作成されました。

以前のCygwinではTMPやTEMPはWindowsから引き継いで設定されていたはずなのにと思いながら、.bashrc を見ると、こんなことが書いてあります。

# Environment Variables

# #####################

# TMP and TEMP are defined in the Windows environment. Leaving
# them set to the default Windows temporary directory can have
# unexpected consequences.
unset TMP
unset TEMP

# Alternatively, set them to the Cygwin temporary directory
# or to any other tmp directory of your choice
# export TMP=/tmp
# export TEMP=/tmp

# Or use TMPDIR instead
# export TMPDIR=/tmp

今は、.bashrcのunset2行をコメントにし、export2行のコメントをはずしてあります。

(*1)W32TeX: last updated on 2010/01/20 の標準インストール

  • texinst2009.zip
  • 最小インストール
    latex.tar.bz2
    LaTeX 2009/09/24
    mftools.tar.bz2
    mktexmf, mktextfm, mktexpk and ps2pk
    platex.tar.bz2
    pLaTeX by ASCII MEDIA WORKS corp.
    ptex-3.1.11-w32.tar.bz2
    pTeX-3.1.11 by ASCII MEDIA WORKS corp.
    pdftex-w32.tar.bz2
    pdfTeX 1.40.10 and jbig2.exe 0.23
    web2c-2009-lib.tar.bz2
    Library files of TeX by Web2C 2009
    web2c-2009-w32.tar.bz2
    Binary files of TeX by Web2C 2009
  • 標準インストール
    最小インストールに以下を付け加えます。

    dvipdfm-w32.tar.bz2
    DVI to PDF driver dvipdfmx
    dvipsk-w32.tar.bz2
    DVI to PS driver dvipsk 5.98 (dvips.exe, dvipsk.exe, dvipsv.exe)
    jtex-2.1-w32.tar.bz2
    NTT-jTeX 2.1 by T. Sakurai
    ltxpkgs.tar.bz2
    Basic packages for LaTeX
    luatex-w32.tar.bz2
    LuaTeX by Taco Hoekwater et al.
    makeindex-w32.tar.bz2
    makeindex programs (makeindex, jmakeindex, mendex)
    manual.tar.bz2
    Manual files
    oldformat.tar.bz2
    format files of LaTeX 2.09 etc.
    oldinputs.tar.bz2
    Style files for LaTeX 2.09 etc.
    t1fonts.tar.bz2
    Type1 fonts of cm, ams and others
    timesnew.tar.bz2
    tfm and vf for TimesNewRoman and Arial (PFB)
    txpx-pazofonts.tar.bz2
    TX fonts, PX fonts and mathpazo fonts
    vf-a2bk.tar.bz2
    Virtual fonts for pTeX
    xindy-w32.tar.bz2
    Indexing system XINDY by Joachim Schrod

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA