KnowledgeTree 3.5.2cから3.5.3へアップグレード(1)

KnowledgeTree Source Code Only Install (5) : Imai blog の最後に「おそらくあと一回 つづく」と書いておきながら一ヶ月以上たってしまいました。実はIndexerでOpenOfficeをExtractorにするものがうまく動かないことを書こうと思っていたのですが、その前に3.5.3がリリースされているのに気がつきました。ですので、”KnowledgeTree Source Code Only Install” はもう中断して、3.5.2cから3.5.3へのアップグレードを行い、そのことについて書くことにしました。

今回は手順もメモしてありますし作業後あまり時間もたっていないので、行った作業の手順を書いていこうと思います。

  • 環境
    • KnowledgeTree
      • アップグレード前: ktdms-src-oss-3.5.2c.tgz
        KnowledgeTree Source Code Only Install (1)から始まる一連の記事の変更を加えて動かしていたもの
      • アップグレード後: ktdms-src-oss-3.5.3.tgz
    • OS: CentOS 5
    • httpd: 2.2.3-11.el5_1.centos.3
    • php: 5.1.6-20.el5_2.1
    • mysql: 5.0.45-7.el5
    • openoffice.org: 1:2.3.0-6.5.2.el5_2
    • java: 1.6.0_06-b02
  • 作業手順(インストール)
    • 前提
      • KnowledgeTreeがインストールされているディレクトリ名: foo
      • KnowledgeTreeデータベース名: bar
      • 作業時のディレクトリ: fooの親ディレクトリ(fooがあるディレクトリ)
    • アップグレード前環境のバックアップ
      • footarコマンドでアーカイブした。
      • データベースbarは下記コマンドでダンプした。
        # mysqldump -u username -p bar > /backup-directory/bar.sql
    • 現ディレクトリをリネーム
      # mv foo foo.old
    • 新しいKnowledgeTreeを展開
      # tar zxvf /download-directory/ktdms-src-oss-3.5.3.tgz
      # chown -R root.root knowledgeTree-STABLE-OSS
      # find knowledgeTree-STABLE-OSS -depth -name .svn -exec \rm -r {} \;

      (rmの\は、rmが’rm -i’にaliasされていたので、それを無効にするため)
    • 旧ディレクトリからvarをコピー
      # \cp -pr foo.old/var knowledgeTree-STABLE-OSS
      (cpの\は、cpが’cp -i’にaliasされていたので、それを無効にするため)
      # \rm -r knowledgeTree-STABLE-OSS/var/cache/*
    • config.ini[db]設定
      foo.old/config/config.iniを参考にknowledgeTree-STABLE-OSS/config/config.ini[db]セクションを設定する。
      なお、3.5.3で無くなったconfig.iniの各セクションは、ブラウザから”administration » system configuration”で設定できるようになった。
    • ディレクトリ名を変更
      # mv knowledgeTree-STABLE-OSS foo
    • ブラウザからアップグレードを実行
      1. http://example.com/foo/setup/upgrade.phpにアクセス
      2. 「Database Upgrade Wizard」で、Username:admin, Password:今までadminで使っていたパスワードを用いてログイン
      3. データベースのバックアップを薦められるが既にバックアップをとっているので、[next]
      4. 「Preview Upgrade」で、[next]
      5. ポップアップを読んで[OK]
      6. 「Upgrade In Progress」で失敗したものがないか確認して[next]
      7. 通常のログイン画面が表示される
  • 備考
    • var/Documents/.htaccessのバグ
      3.5.2cと変わらず、.htaccessに使用できないAllowOverrideディレクティブが記述されている。上記手順では今まで使用していたvar/のコピーにより、3.5.2cインストール時に修正したvar/Documents/.htaccessが上書きコピーされるので、このファイルを修正する作業はない。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA