Doxygenでドキュメント生成(1)

背景

Doxygenというドキュメンテーションジェネレータがあります。初めはC++用だったようですがJavaのJavadocコメントにも対応しています。

Javadocコメントから紙に印刷できるファイル形式のものが作れないか思っており、以前から時間があって気が向いたときに、MIFDocletやAurigaDoclet、PDFDocletなどをちょこちょこっと触ってみたりはしていました。でも日本語関連でうまくいかないことが多く、今までこれといって良いツールは見つかっていません。

最近、Doxygenというツールを知り、日本語にも対応していそうだし、局所的ですがGraphvizを使って作成されたクラス図も出力されて結構良さそうだったので、使用できるか調べてみました。ちょっと手作業が必要でしたがPDFで日本語もうまく出力できたので、設定等をまとめておこうと思います。

目的/条件

  • Javadocから自動生成で PDFなどの紙に印刷できる形式のファイルを生成したい。
  • Javadoc標準ドックレットのHTMLを印刷ではちょっと物足りない。
  • 日本語Javadocコメントが使用できること。

HTML化は簡単にできたので、ここではPDF化することを中心に記述していく予定です。

(つづく)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA